スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by しぶぞー
 
[スポンサー広告
piano sonata No.7 op.10 No.3 Menuetto. Allegro

piano sonata No.7 in D major, op.10 No.3 (第3楽章のみ)

ベートーベンのピアノソナタが好きです。
ベートーベン=重苦しいっていうイメージがあるけれど、
このソナタは本当に穏やか。午後の日差し、紅茶が似合いそうな曲!大好きな曲の一つです(*・x・*)

私は弾けるとしたらせいぜいソナチネ程度、ソナタが弾けるようになるまでのレベルには全く達していないので、弾ける人がとてもうらやましい…!o(>x<)o"

あ、ソナチネとは「主題部」で始まり「展開部」を通ってまた「主題部」で終わる曲の形式の事です。漫画の「起承転結」で言うと「起」→「承&転」→「結(起と似たようなシーンで終わる)」という感じです。ソナタはもっと複雑に「主題A」→「主題B」→「展開A」→「展開B」→「主題A」→「主題B」みたいな感じでもっと複雑で曲によっても様々なパターンがあるらしいです。ソナタを詳しく勉強していないのであんまり胸を張って言えないのですが…もごもご
最近はニコライ・カプースチンのように、曲の構成はソナタなのに、和音やリズムはジャズだとか、クラシックとモダンなのを合わせた作曲家がいます。

音楽がそうなら、きっと絵でもそうなんだろうなあ。
あ、そういえば、去年のデザインフェスタで、色の特徴とタッチは浮世絵なのに、顔の特徴は漫画という画風の方がいました。音楽と絵って言うのは、歴史や現代の人気傾向を見てもどこか共通する進化を見ることができるんだなあ…!

それにしても、現代の作曲家って、たくさんいすぎてよくわからん…!


Posted by しぶぞー
〒:0   TB:0
[未分類
comment
〒 comment posting...














 

trackback URL
http://fnezumi.blog6.fc2.com/tb.php/60-27ad8de0
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。